メンテナンス費用削減

配管交換の代替案としてのライニング

作業員

配管類は時間の経過に伴って劣化していきます。給排水配管もガス管も同じように劣化や腐食が起こります。高度経済成長期に大量に建てられた建物の多くが大規模改修時期を迎えています。建て替えが進む一方、リフォームで寿命を延ばしている建物もあります。 老朽化した建物の中で、配管類の交換は費用も時間もかかることから最近ライニングという新しいメンテナンス方法が注目されています。 配管の交換に比べ、費用は半分から三分の一くらいに節約できることから、再生するほうを選ぶケースが増えています。ライニングのメリットは、まず費用です。ケースバイケースですが、交換費用の半分で済む場合があるそうです。 ただし、老朽化が深刻な場合は、ライニングはできません。その場合は交換しかありません。

内部に特殊な塗装を施し再生させる

ライニングの特徴は、配管の内部を新しく再生させる方法だといえます。配管内部の汚れやサビを高圧洗浄できれいに取り除いた後、特殊な塗料を塗布し、内部を保護します。 そのメリットは、先に述べたように費用が安くつくことです。さらに、工事期間も大幅に短縮できます。また、交換と違い、工事に伴う騒音や事故のリスクを避けられます。給排水管の場合、水の利用ができない期間も短くなります。ガス管の場合も同様です。 ただし、ライニング工法は、あくまで交換が必要ない程度の老朽化までが限度です。したがって、一度ライニングした配管もいずれは交換しなければなりません。その交換時期を延ばす工法だと理解することが必要です。 ライニングが再生できるかどうかは配管の確認が必要になりますので、信頼できる業者に依頼することが重要です。